水素水が作れる浄水器は水を電気分解することで水素を得る

近年話題になっている水素水とは、普通の水には含まれていない水素を元素の状態でたくさん含んでいる水のことです。
水素水にもたくさんの種類がありますが最も大切なのは水素がどの程度水に含まれているかです。

 

分子状水素医学シンポジウムでは水の中に0.2ppm以上水素が溶け込んでいると水素水と定義していて、最小の分子なのでガラス瓶やスチール缶、ペットボトルだと簡単に抜けるのでアルミ容器が一番よいと言われています。

 

ただアルミ容器でも中に空気が入ると水素が逃げるので、キャップをした容器でも空気が入らないような保存でない限りは水素はなくなってしまいます。

 

基本的に一度開封したら20分以内に飲むのがよいとされています。
普通の食生活で栄養バランスを考えて食べるのはかなり難しいですが、水素なら手軽に飲むだけで済みます。

 

水素が溶けた水なので無色で味もしません。
体には活性化酵素といわれる酵素がありますが、この活性化酵素は体の中で糖分と結びついてエネルギーになるときに出るときにでるもので体にとってはあまり良くありません。

 

活性化酵素は体内の細胞の老化や体の機能の低下などを引き起こします。
例えば肌荒れや抜け毛、免疫力の低下など病気になるリスクもあります。

 

水素はこの活性化酵素に働きかけて酵素を抑えて細胞を若返らせます。
細胞が若返ると身体の中の錆をとって美肌や育毛効果が期待出来ます。

 

他にも腸内環境を整える作用もあり便秘改善にもよいです。
体の中の老廃物がなくなると身体の不調も良くなります。

 

手軽なアルミ容器などもたくさん販売されていますが、他にも気軽に自宅でも水素水が作れる浄水器などもあります。
浄水器の仕組みは水を電気分解することで水素が得られますが、水素をたくさん含んだアルカリ水のことを水素水といいます。

 

人の体は運動をすると体内の活性酵素量が過剰になって酸化ストレス状態になると言われていますが、浄化水で作った水素を含んだ水を飲むと酸化ストレスが低下する傾向があるという研究報告もあります。

 

一部の研究報告ではDNA損傷を抑える効果やがん予防にも効果があると言われています。普通の浄水器だと水素を含んだ水は出来ません。

 

一般的のものは水道水に含まれている塩素などの不純物を浄水フィルターに通してからろ過して除去しているだけです。

 

水素を含んだ水を作れるタイプは、水道水から塩素や鉛などの不純物をフィルターでろ過したあとに、更にその水を電気分解してからアルカリ性で還元性を持っている水素をたくさん含んだ水を生成出来るようになっています。

 

水素を含んでいても普通の浄水器の水と同じように無味で無臭なのでまずくなることはありません。
違うのは水素をたくさん含んでいてアルカリ性になることです。

 

これが活性酵素を除去するときにとても大切なポイントになります。
水素をたくさん含むほど効果が高いとされていますが、中には偽物の関連商品などもあるので導入するときにはしっかりとした確認が必要です。